咳止め薬に含まれる成分と便秘

咳止め薬や咳止めの成分が含まれている風邪薬などは、副作用として便秘になる可能性があります。
これには咳止め薬に含まれる、リン酸コデインやリン酸ジヒドロコデインという成分が関係しています。

 

リン酸コデインとリン酸ジヒドロコデインは、
多くの咳止め薬に含まれる成分で、麻薬性鎮咳薬とも呼ばれています。
その名の通り一種の麻薬成分ですが、咳を止める目的で市販薬には少量含まれることがほとんどです。

 

しかしその一方で、このリン酸コデインとリン酸ジヒドロコデインが消化器官の動きを鈍らせて、
便秘の副作用を起こす原因となっています。

 

咳止め薬を服用中に便秘の症状が出たときには、一時的に薬の使用を止めるようにしましょう。

 

咳の症状が辛く服用を停止できない場合は、
医師に相談して、便秘になりにくい咳止め薬を処方してもらうか、
咳止め薬と併用してもよい便秘薬を処方してもらうようにしましょう。

 

貧血剤に含まれる成分と便秘

貧血剤の中でも「鉄欠乏性貧血」に処方される「鉄剤」という薬があります。
鉄分を多く含むことから「鉄剤」と呼ばれる薬ですが、この成分が便秘の原因になることがあります。

 

鉄剤は胃腸への作用も強いので、人によっては胃腸障害を起こし、
その結果として、便秘や下痢などの症状が起こる場合があります。

 

あまりにも便秘の症状がひどいときには、整腸剤などを処方してもらうと良いでしょう。
また食事やサプリメントなどから鉄分を摂るように心が得けることも大切です。

 

降圧剤に含まれる成分と便秘

「降圧剤」とは高血圧の症状を緩和するための薬で、その種類は様々なタイプに分かれます。
中でも「カルシウム拮抗剤」というタイプの薬は、便秘になる可能性がある薬です。

 

降圧剤の中で最も普及しているのが、この「カルシウム拮抗剤」です。
これまでカルシウム拮抗剤の副作用として、便秘はあまり注目されていませんでしたが、
近ごろではカルシウム拮抗剤の服用を始めてから、便秘になったという人が増えています。

 

便秘の症状が悪化する前に、食事や生活を改善することが大切です。
それでも症状が辛い場合には、自己判断で便秘薬などは使用せずに
医師の指導の下に、正しく薬を服用するようにしましょう。

 


 

同じ効果のある薬でも、その成分によっては便秘になる場合があります。
現在、薬を服用中で便秘の症状がある人は、成分表示を確認してみましょう。
そして、不明な点がある場合は、医師や薬剤師に相談することが大切です。

 

症状に合わせた便秘の解消方法一覧


軽度の便秘の方へ(症状が出始めの方)
まだ便秘の症状が軽いうちなら、薬を使わずに自然に便秘を解消できます。

 



中度の便秘の方へ(便秘が慢性化してきた方)
この段階の人が一番注意が必要です。腸内環境を改善し便秘の悪化を防ぎましょう。

 



重度の便秘の方へ(下剤なしでは排便できない方)
症状の改善にはある程度の時間が必要です。医師と相談し根気よく治療しましょう。

 



ダイエット中の方へ(便秘を解消しつつ痩せたい方)
ダイエットと便秘解消は両立できます。下剤を使わずに健康的にやせましょう。

 

ワンポイントアドバイス